岩佐真悠子 受難 画像 沢尻エリカと昔よく遊んでたけど、性病にはならなかった。SEXはありふれてる。

11月20日に女優の岩佐真悠子(26)が
主演映画「受難」の女性限定試写会を開催し、
トークショーを盛り上げた。

■映画「受難」ってどんな映画?
姫野カオルコの小説が映画化したもので、
とある修道女であるフランチェス子のヴァギナに
ある日、人面瘡ができてしまう。
その日から今まで処女であった彼女の意識が変わり
男女の関係に迫ってゆく。

■トークショー
岩佐真悠子は今回の映画について
「主人公に全く共感できませんでした」

「男性と付き合ったりセックスするのは、
当たり前のようにその辺りに転がっているものだったから」
と本音をぶちまけました。

記者に、周りに処女の人っているの?という質問には
「いない。私の周りには奔放な女性が多い」
と、周りの友達も相当アゲアゲな雰囲気だそうです。

■岩佐真悠子
エロキャラを自称するほど性には奔放の様です。
高校生の時も、親友の沢尻エリカと一緒に六本木などのクラブや酒場で夜遊びをし、
かなりの経験人数だそうです。

親友が沢尻エリカなので、
そりゃもう普通でないのは想像が容易ですね^^;

今回の「受難」では岩佐真悠子の
初のフルヌードや過激な濡れ場、そして全裸での全力疾走するシーンまであるらしいです。
是非、観に行ってみてはいかがだろうか?


岩佐真悠子 in 受難 [DVD]

岩佐真悠子に関するニュース一覧
映画『受難』岩佐真悠子×原作者・姫野カオルコ×吉田良子監督 登壇
岩佐真悠子さんが大胆なフルヌードを披露していることが話題の、映画『受難』が、12/7より公開となります。そこで、本日、主演の岩佐真悠子さん・原作者姫野カオルコさん・吉田良子監督をお招きし、女性限定試写会を実施致しました。

岩佐真悠子 全裸で全力疾走にいい経験になった
11月20日、女優の岩佐真悠子さんがフルヌードを披露するということで話題沸騰の映画「受難」女性限定試写会が都内で行 主人公のアソコに人面瘡ができるフランチェス子の役を、岩佐真悠子さんがユーモラス且つ果敢に挑戦している。

自ら「ヤリマン」を公言!? 奔放すぎる女優・岩佐真悠子がエロキ…
女優の岩佐真悠子(26)が20日、主演映画「受難」の女性限定試写会に出席し、上映前のトークショーで赤裸々発言を連発した。 直木賞候補になった姫野カオルコ氏の小説を原作にした同作は、岩佐が性器に人面瘡ができてしまった処女の 

岩佐真悠子、全裸で全力疾走シーンに困惑も「いい経験になった」
[シネマトゥデイ映画ニュース] 女優の岩佐真悠子が20日、都内で行われた映画『受難』のトークイベントに原作者の姫野カオルコ、吉田良子監督と共に来場し、本作で見せた大胆な演技について語った。 岩佐真悠子、全裸で全力疾走シーンに 

自ら「ヤリマン」を公言!? 奔放すぎる女優・岩佐真悠子がエロキャラ開眼
女優の岩佐真悠子(26)が20日、主演映画「受難」の女性限定試写会に出席し、上映前のトークショーで赤裸々発言を連発した。 直木賞候補になった姫野カオルコ氏の小説を原作にした同作は、岩佐が性器に人面瘡ができてしまった処女の 

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。