安達祐実 ヘア写真集の次は、18禁映画「花宵道中」に全裸で挑戦。母には負けない魅力。

安達祐実は、以前に「私生活」というヘア写真集を発売しましたが、
今度は2014年秋に放映予定の、R18指定『花宵道中』(はなよいどうちゅう)という映画に出演します!
(下に予告動画あり)

◆『花宵道中』ってどんな映画?
原作は宮木あやこによる小説で、
時代背景は江戸時代末期の風俗街だった新吉原。

この新吉原で働く朝霧という遊女を安達祐実が演じます。
朝霧はどんなに男に抱かれても、決して男に恋はしない
非常にプロ意識の強く、そしてもっとも孤独な存在だった。

そしてある日、半次郎という青年に出会ってしまい人生が
大きく変わってしまう。
なんと、半次郎に本物の恋をしてしまったのです。
しかし、朝霧(安達祐実)は遊女であるため
本物の恋を受け入れることができず、葛藤に苦しみます。

そんな、甘くて切ない遊女物語なのです。

ちょっと、予告を見てください↓
◆公式予告動画

演技が感情的でとても面白そうですね。
本作品中で安達祐実はヌードを披露しているので、
その点からも観に行く価値がありそうですね。

今回の映画について安達祐実は、
「花魁の役は今までやったことがなかったので嬉しかったですし、
今の私にはとてもいい役だと思いました」

「原作を読みましたが、この世界観をどう表現するかは総合力だと思うので、
私はただ、役の心や想いに集中して演じるようにしていました」
と真摯にコメントしています。

2009年に斉木久美子によって、コミック化もされたので、
是非コミックの方も読んでみてはいかがでしょうか?↓↓↓↓

花宵道中 (新潮文庫)


花宵道中 1 (フラワーコミックスアルファスペシャル)

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。